フォト

My other photos


最近のトラックバック

買いモノlog

ScanSnap S1500で名刺整理

scansnap-s先日購入した、ScanSnap S1500での名刺整理を中心に書いてみます。

ScanSnapは書類と書籍の整理用に購入しましたが、「自炊」についてはすでにかなり情報があるようですので。

ビジネスやプライベートなど、貴重な機会でもらった名刺でも、死蔵されていることがけっこうあるようです。「OCRしにくい名刺」というものもけっこうあるのは、OCRで名刺を電子化する人がまだ少ないからかも入れません。しかし、名刺をOCRしてパソコンで管理すると、さまざまな活用ができます。

従来の問題

以前から、名刺の取り込みとOCR処理はフラットベッド スキャナー経由でやっていました。しかし、10枚並べて読み取ると、自動補正しても、傾いたり、端が欠けたりしていました。また、裏面を簡単に読み取る方法がありませんでした。特に、難しい読み方をする名前でも、読み方を書いていないことがあります。裏面が英語になっている名刺だと、読み方を確認できます。その他の情報もあるので、名刺をしっかりデータ化するには、裏面を読み取れればいいな、とはずっと思っていました。

ScanSnapでの名刺整理

まずScanSnap Managerで名刺用の設定を作成しました。[原稿サイズの選択] では、[名刺] よりも [サイズ自動検出] のほうが正確でした。

ScanSnapで名刺を取り込むと、一枚一枚きっちり読み取るので、端が欠けたり傾いたりすることがなくなりました。そのことも関係あるでしょうが、後述のOCR読み取りの精度も前よりよくなりました。

「読み取り面を下にする」という点はちょっと注意が必要です。プリンターでは印刷面を上にするのが普通ですので。この設定は変更して逆にできます。

取り込んだ名刺は、附属のソフト「名刺ファイリングOCR」でOCR認識できます。Outlookとの連携が分かりにくかったのですが、リボンの[アドレス帳] ボタンから可能でした。

名刺のOCRは、すぐに郵送するために宛先が必要、というのでなければ、とりあえず名前、ふりがな、メール アドレスだけが正確かをしっかりチェックすればよいかと思います。これは勝間さんの本で参考になった数少ない (^_^;) アドバイスです。名刺の数が多いとき、全部の項目を確認するのは手間がかかります。手間がかかると、名刺OCRは面倒でしたくなくなります。

Outlookとは双方向の同期もできるらしいのですが、すでに連絡先の数が多いので、失敗が怖く、試していません。

注意点

名刺にはけっこういろいろサイズがあります。特に、微妙に幅が違うとちょっとやっかいです。長さの違いは自動検出されますが、やや細い名刺が通常の名刺の中にはさまっていると、傾くことがあります。同じ幅の名刺ごとにまとめて、ガイドの幅を合わせてからスキャンすると、きれいにできます。

要望

ハードはかなりよいと思います。やはりこの快適な処理速度は、買って良かったと思わせるものがあります。スキャン速度を維持したまま軽くできれば、消耗品の耐久時間が延びれば、とかは思いますが、読み取り速度の快適さに比べれば、些細な問題でしょう。

ScanSnap Managerでの、片面と両面の読み取りは、こまめに切り替えたくなることがあります。右クリック メニューより、UIとしてボタンが欲しいところです。

名刺読み取りソフトへの注文としては、以下の点があります。

  • 認識修正候補を出す
  • 再認識をしやすくする
  • 名刺の表と裏を同時に表示する
  • Outlookとの連携項目を増やす
  • 画像をOutlook側に添付ファイルとして入れてほしい(OCRが元データであることが分かり、元画像をすぐに確認できるように)

また、パッケージには、Acrobat 9ではなくAcrobat Xをつけてほしかった。バージョン アップするまで待つか、迷いました。名刺ファイリングOCRではOutlook 2010が使えるのに、Acrobat 9ではOffice 2010に対応しておらず、アドインが使用できません。ただ、Acrobatを使うより、Office 2010自体のPDF出力機能を使ったほうが、グラデーションなどがきれいにできることもあるようです。

ScanSnapは、ソフトとハードの全体で、細かな使い勝手が磨かれていることが感じられます。今後もさらに使いやすいScanSnapに進化していくことを期待しています。

【買いモノlog】象印のステンレス ボトル(魔法瓶)

 0909120004-vga

ZOJIRUSHI ステンレスマグ SM-EA30-GK クリアライムを買った(象印のページ)。容量は300ミリリットルで、少ないかと懸念したが、十分だった。保温、保冷力も十分。以下は長所と短所。

◎同じクラスの製品と比べて170gと圧倒的に軽い。これは大きな利点。

◎スリムなのでバッグに収まりやすい。

×スリムであるため口径が3センチと狭く、飲み物をこのボトルに注ぎにくい。紙パックやペットボトルならともかく、コーヒーなどをカップから注ぐのが困難。

×テーブルに立てておくと倒れそうでやや不安。

×他社製品にはないフッ素コート。茶やコーヒーを入れると汚れやすく掃除しにくいものだが、フッ素コートがあれば、少しはましになるかも。と思ったが、実際に使うと逆に汚れがこびりついた。いっそステンレスなどならメラミン スポンジで掃除できる。だが、なまじコートがあるために、専用の洗剤が必要らしい。

【買いモノlog】サーモマグ ドラムタンブラー(Thermo Mug マグカップ)

0911260014 

寒い日が続くとせっかく入れたコーヒーがすぐに冷めてしまいます。350mlクラスの保温性の高いマグカップを探していて見つけたのがこれ。

良い点

◎デザインと質感が実にいい感じ。

◎ふたの形がシンプル(細い穴があるだけ)で手入れが簡単。スライド式のマグでは飲み物がたまりやすいかも。

◎なぜかコーヒーなどの汚れがつきにくい。洗うのが楽ちん。

悪い点

×ラベルののりがこびりついてしまった。買ったらすぐにはがしたほうがいい。

注意点

△密閉型ではありません。

△実は400mlのタイプがあることを後で知ってちょっと残念。

△保温性は実はふた付きならどのマグカップも大差ないようです。