フォト

My other photos


最近のトラックバック

創作掌編

【創作】『S―Fマガジン』リーダーズ・ストーリイ入選

_DSC2615-vga

『S―Fマガジン』2011年3月号リーダーズ・ストーリイ(206-208ページ)に拙作「最初の星の種」が入選しました。
文芸雑誌のコーナーに1/25から出ていると思います。
『S―Fマガジン』は2回選評を頂いたきり6回連続ボツで、1年半ぶりの応募でした。
自分のお話に絵をつけていただけるのは、うれしいです。

この作品は、今から100年くらい前の、カナダの先住民のドキュメンタリー映画の1シーンにインスパイアされたものです。

-----

ある朝、少年モタナは、見たこともないほど巨大な種が海岸に漂着しているのを見つけた……

 

 

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【掌篇】海鬼燈賣り

0907090029-vga-2

ろくに本を讀まぬ編輯者との話し合ひが決裂し、心を鎭めんと足の向くまゝ歩きだした。いつしか神保町から不忍池を渡り、氣づくと淺草寺まで來てゐた。境内が妙に姦しい。あゝ、今日は四萬六千日であつたか。葦簀の屋根が連なり五彩の風鈴が搖れる夏の風情に鬱屈をしばし忘れた……

続き(mixi内)
またはこちら(どなたでも読めます)

【怪談】魔手

暑気払いにてのひら怪談をお届けします。

0907220007-vga-2 我々同好の士は、月に一度、夜の銀座に集まつて奇妙な品々の鑑賞會を開く。中でも柏木の凝り性ときたら尋常ではないが、こゝのところ幾つか出色の品を持ち込む者があり、話題はすつかりそちらに浚はれてしまつたのである。だが今宵の會、柏木は自信に滿ちてゐた。 「サバジウスなぞに惹かれるとは、いよいよ俺も俗物に成り下がつたものと蔑んでくれてよい……

続き(mixi内)

またはこちら

メトロ文学館の詩で入選

東京メトロのメトロ文学館の詩コンテストでまた賞を頂きました。

Mont Blanc Sceniumのボールペンと商品券です。

 0907160013-vga

拙作を含む詩のポスターは、日本橋駅(東京メトロ銀座線、東西線、浅草線)で7月18~27日のあいだ展示されます。手袋の物語、だと思います。癒し系です。

ちなみにこちらは以前もらった参加賞。こちらにもボールペンがついています。Sceniumはこちらの200倍以上の値段のようです。

0907160002-vga

匂い無く 手にも触れ得ず 闇桜

0904030103-vga 

【解説】
日もすっかり暮れてから、不忍池の弁天島から伸びる道を歩く。道沿いの桜は確かに咲いているはずだが、街灯もなく、あまりに暗いので咲いているかさえ定かではない。想像の中だけで咲いていることよ。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

この春も 独り木の花(このはな) 咲き過ごす

0904080014-vga 

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)を祀る浅間神社にひとり詣でて。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

ながるるは 時ばかりなり 花細流

0904090133-vga

【解説】

花片が吹きよせられてできた細流(せせらぎ)は流れることはなく、時が流れれば消えていくだけであることよ。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

池底の 桜も観んと 酔船客

0904070196-vga

【解説】井の頭池。ボートに乗ってビールを飲んでいた花見客。酔いが過ぎたか転覆した。大事ではないようだったが、例によって助けようとする人はほとんどいない。これが今どきの東京の人情としたら哀しいことだ。

ちなみにおせっかいな私は、反対側のボート乗り場まで歩いていちおう伝えた。だが、すでに連絡はきていたので、サマリアびともまるでいないわけではないと思いなおしたのである。

あまり関係ないが、ランボーの『酔いどれ船』("Le Bateau ivre")を連想した。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

青布に 名残り土の香 花ノ宴

0903290005-vga

【解説】

オフ会の翌日、浴室で、桜の木の下に敷いたブルーシートにお湯をかけて洗っていたら、土の香が立ち上った。

ああ、楽しい宴であったことだなあ。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【三百字+小説】地層図書館

SANY2425-vga

疲れそうな大冊を避け、しばらく軽い読み物ばかり読んでいたので、図書館の地下への階段があることは知っていたが足は向かなかった。だがある日ふと矢鱈にボルヘスが読みたくなり、司書に訊くと、やはり地下書庫にあるという。ゆうに五分以上待たされそうな気配を察して、私は地下に自ら赴いた……

 続きはこちら

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

より以前の記事一覧