フォト

My other photos


最近のトラックバック

製品レビュー

ScanSnap S1500で名刺整理

scansnap-s先日購入した、ScanSnap S1500での名刺整理を中心に書いてみます。

ScanSnapは書類と書籍の整理用に購入しましたが、「自炊」についてはすでにかなり情報があるようですので。

ビジネスやプライベートなど、貴重な機会でもらった名刺でも、死蔵されていることがけっこうあるようです。「OCRしにくい名刺」というものもけっこうあるのは、OCRで名刺を電子化する人がまだ少ないからかも入れません。しかし、名刺をOCRしてパソコンで管理すると、さまざまな活用ができます。

従来の問題

以前から、名刺の取り込みとOCR処理はフラットベッド スキャナー経由でやっていました。しかし、10枚並べて読み取ると、自動補正しても、傾いたり、端が欠けたりしていました。また、裏面を簡単に読み取る方法がありませんでした。特に、難しい読み方をする名前でも、読み方を書いていないことがあります。裏面が英語になっている名刺だと、読み方を確認できます。その他の情報もあるので、名刺をしっかりデータ化するには、裏面を読み取れればいいな、とはずっと思っていました。

ScanSnapでの名刺整理

まずScanSnap Managerで名刺用の設定を作成しました。[原稿サイズの選択] では、[名刺] よりも [サイズ自動検出] のほうが正確でした。

ScanSnapで名刺を取り込むと、一枚一枚きっちり読み取るので、端が欠けたり傾いたりすることがなくなりました。そのことも関係あるでしょうが、後述のOCR読み取りの精度も前よりよくなりました。

「読み取り面を下にする」という点はちょっと注意が必要です。プリンターでは印刷面を上にするのが普通ですので。この設定は変更して逆にできます。

取り込んだ名刺は、附属のソフト「名刺ファイリングOCR」でOCR認識できます。Outlookとの連携が分かりにくかったのですが、リボンの[アドレス帳] ボタンから可能でした。

名刺のOCRは、すぐに郵送するために宛先が必要、というのでなければ、とりあえず名前、ふりがな、メール アドレスだけが正確かをしっかりチェックすればよいかと思います。これは勝間さんの本で参考になった数少ない (^_^;) アドバイスです。名刺の数が多いとき、全部の項目を確認するのは手間がかかります。手間がかかると、名刺OCRは面倒でしたくなくなります。

Outlookとは双方向の同期もできるらしいのですが、すでに連絡先の数が多いので、失敗が怖く、試していません。

注意点

名刺にはけっこういろいろサイズがあります。特に、微妙に幅が違うとちょっとやっかいです。長さの違いは自動検出されますが、やや細い名刺が通常の名刺の中にはさまっていると、傾くことがあります。同じ幅の名刺ごとにまとめて、ガイドの幅を合わせてからスキャンすると、きれいにできます。

要望

ハードはかなりよいと思います。やはりこの快適な処理速度は、買って良かったと思わせるものがあります。スキャン速度を維持したまま軽くできれば、消耗品の耐久時間が延びれば、とかは思いますが、読み取り速度の快適さに比べれば、些細な問題でしょう。

ScanSnap Managerでの、片面と両面の読み取りは、こまめに切り替えたくなることがあります。右クリック メニューより、UIとしてボタンが欲しいところです。

名刺読み取りソフトへの注文としては、以下の点があります。

  • 認識修正候補を出す
  • 再認識をしやすくする
  • 名刺の表と裏を同時に表示する
  • Outlookとの連携項目を増やす
  • 画像をOutlook側に添付ファイルとして入れてほしい(OCRが元データであることが分かり、元画像をすぐに確認できるように)

また、パッケージには、Acrobat 9ではなくAcrobat Xをつけてほしかった。バージョン アップするまで待つか、迷いました。名刺ファイリングOCRではOutlook 2010が使えるのに、Acrobat 9ではOffice 2010に対応しておらず、アドインが使用できません。ただ、Acrobatを使うより、Office 2010自体のPDF出力機能を使ったほうが、グラデーションなどがきれいにできることもあるようです。

ScanSnapは、ソフトとハードの全体で、細かな使い勝手が磨かれていることが感じられます。今後もさらに使いやすいScanSnapに進化していくことを期待しています。

【特集記事】SDL Trados Studio 2009 in 『翻訳・通訳シゴトnavi 2010年度版』

alc-tsuhon-navi2010

 

アルクの『翻 訳・通訳シゴトnavi 2010年度版』にSDL Trados Studio 2009特集を執筆しました(Amazonだと送料無料です)。

みなさまのご参考になれば幸いです。

Trados関連のご質問については直接はお答えできないかもしれませんが、記事などで取り上げさせて頂くこともあります。

なお次号の通訳翻訳ジャーナルでもStudio 2009特集を書いていますが、内容は同じではありません。

ご感想もお待ちしております。

【連載】辞書引きのための検索ツール

 0811050014s

通訳翻訳WEBの連載「パソコンレベルアップ講座」第18回「辞書引きのための検索ツール」を公開しました。
http://www.tsuhon.jp/levelup/backnumber.html

パソコンで辞書を引くときの検索ツールとテクニックの紹介です。
通訳翻訳ジャーナルの拙連載も合わせてどうぞ!

紙の辞書でも困っていない?

みなさんは、パソコンの辞書ソフトはお使いでしょうか? 今回は基本に戻って、パソコンでの辞書引きのための検索ツールとテクニックをご紹介します。

よほどの「辞書の鬼」でないかぎり、パソコンの辞書ソフトと同じ頻度で、紙の辞書をすばやく引くのは困難でしょう。紙の辞書しか使わない翻訳者と、辞書ソフトを使う翻訳者では、翻訳の正確さや表現の豊かさに明らかな差が出てきます。ある程度は知識と経験で補えますが、それに安住していては、経験がなくても辞書ソフトを使いこなす翻訳者にやがて追いこされてしまいます。言葉の知識と経験は、一人の人間が頭の中だけでカバーするには限界があるのです。

パソコンの辞書ソフトの利点を確認してみましょう……」

続きはこちら

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【連載】日中・中日翻訳ソフトj・北京V6

sample1  (クリックで拡大)

通訳翻訳WEBの連載「パソコンレベルアップ講座」を更新しました。
「基本編」という位置付けです。

応用編は『通訳翻訳ジャーナル』2008年冬号に掲載予定!

「北京オリンピックは終わりましたが、中国は引き続きさまざまな面で注目を集めており、私の知り合いでも中国語を勉強している人は相当いるようです。私自身の中国語能力は簡単な旅行会話ができる程度ですが、少しずつ学び続けています。

j・北京V6(ジェイ・ペキンV6)は、高電社の日中・中日翻訳ソフトです。このたび最上位バージョンである「j・北京V6プロフェッショナル with ChineseWriter9」をお借りできたので、ご紹介します。

対訳エディタ

j・北京V6では、その他の翻訳ソフトと同様に、まとまった文章は対訳エディタを使って翻訳します……」

続きはこちら 

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

MiniCardsがやってきた

0708140003

(↑クリックで拡大)

アバウトミーのキャンペーンでもらったMiniCardsがようやく届いた。MiniCardsとは見ての通り、小型の写真入り名刺。厚みがしっかりしているのはいい感じ。また記載される事項は非常にシンプル。この割り切り方は、ある意味「いき」といえる。写真面は、つや消しだったのがちょっと意外。でもぴかぴかだと、指紋が付きやすいかな。写真は、ちゃんとだれかが考えてトリミングしてくれているらしい。細長くトリミングされるのだが、写真のポイントがきっちり収まっている。

私に会ったときは「MiniCardちょうだい!」と言ってみてください。運が良ければ好きなカードが選べます。

東京国際ブックフェアに行ってきました

今日は東京国際ブックフェアに行ってきました。いろんな方とお話しし、世界中の珍しい本を目にしていると時間があっという間に経ってしまいます。

田原総一朗氏の講演も聴いて、質疑の時間に質問しようとしたら、ついに指名してもらえませんでした。ちなみに私の質問は「出版界に注文をつけるとしたら何か」というものでしたので、答えていただけたにしても答えづらいものだったとは思いますが。こういう質問をしようとするので一部で誤解されているのかもしれませんね。

さて、日外アソシエーツさんのメルマガで掲載していただいている拙コラムがブログ形式になって読みやすくなりました。
パソコンで仕事する上で役立つ情報をいろいろご紹介しています。こちらに各回のタイトルを出していますのでお好きなところからどうぞ。
http://transpc.cosmoshouse.com/news.htm#nichigai

開いたページからは、コメントなども残していただけます。

最新号の購読はこちらからどうぞ。
http://tran.blog.shinobi.jp/

InterConnect 2007レビュー 3

名刺との連動

InterConnectでは、電子的な名刺以外にも実際の名刺を管理できる。現在の私の環境では名刺管理はOCRを含めて別のソフトで行っている。だが、もっとOutlookと連携してほしいので、この点でも関心がある。コスト的に難しいのかもしれないが、精度の高い名刺OCRはぜひ標準でも持ってほしい機能だ。これがあればかなり魅力的になる。

この他に、個人に特定の文書をリンクさせる機能があるが、これは便利そうだ。Outlook 2003までの「履歴」機能は、非常に遅いというイメージがあった。Outlook 2007での検索速度はGmailの軽快さには及ばないものの、かなり改善されている。

今後の方向性

InterConnectの今後の方向性として思いつくのは以下のような点だ。

  • 年賀状などの管理(はがきスタジオなどとの連動?)
  • SNSとの連動
  • ブログとの連動
  • 個人情報の保護(パスワード、指紋認証への対応)

はがきスタジオなどと連動して、年賀状などの管理にも使いたい。はがき作成ソフトは他社のを使いたい点もあるが。

SNSとの連動は両刃の剣だ。うまく活用するとビジネスに効果的になるシナリオはいくつも思いつく。だが、悪用されたときのシナリオも恐ろしい。

最近では会社のサイトとは別にブログを持っている人もかなりいる。RSSを追加できると面白い。

個人情報の保護として、起動時にパスワード入力を求める機能も必要だろう。

InterConnect 2007レビュー 2

InterConnect 2007レビューの続き。

インストール

Office 2007 B2TRを完全にアンインストールして再起動しても「旧版が残っている」というメッセージが出る。今一度「プログラムの追加と削除」を確認すると、PDF+XPSエクスポートのアドインが残っていた。項目名がMicrosoft Officeで始まるのではなく「Office 2007アドイン- Microsoft PDFまたはXPSして保存(Beta)」となっているので気づきにくい。「O」で始まるところにある。これを削除するとインストールできた。

一応Outlook 2007の前にInterConnect をインストールしてみる。インストールは終了したが、InterConnectの起動時に「Outlook 2007が必要」というメッセージが出て起動しない。その点については別に不思議ではない。

ただ、パソコンにOutlookがインストールされているのに使っていない人は多いはず。InterConnectがOutlookから独立して機能するようになればさらにユーザーは増えるだろう。だが、InterConnectにはOutlookの需要の再発掘という使命もあるのだろう。

さて、Outlookを含む製品版の試用版Office 2007をインストールした。これで、2007/2/28まで使用できることがようやく確認できた。それまでには製品版を購入しているだろう。切り換えられるものについては、Office 2007 B2TRからすぐに製品版(試用版)に切り換えてもよいことが分かったわけだ。 問題点が皆無ではないB2TRからおさらばできるという点で、これは重要だ。B2TRをまだ使っている人にもっと知らせたほうがいいと思う。

使ってみて

さて、本題であるInterConnectを改めて起動する。サンプルが含まれている。(Outlookでもそうだが)顔写真が出ているのは直観的でいい。顔と名前を一致させるのに苦労するのは、だれしも同じ。私も先日恥ずかしい思いをした。だが、現実には顔写真というのは入手しにくい。自分の顔はあまりさらしたくないのも事実。個人情報がからむ難しい点だが、SNSのような体制を整えたうえでキャンペーンなどするとよいかもしれない。 

記録帳がリッチテキストなのは、やはり直観的だ。だが私はすでにより汎用的なOneNoteをがしがし使っているので、使い分けを改めて考える必要がありそう。

特に分類をしなくもよい全文検索は、今後もっと当たり前になる。そのなかで、分類型のアプローチでの「情報のまとめ方」は、さらに洗練される必要がある。自動情報収集などの自動化が進められるべきだろう。電子名刺はそのひとつの方法なのだが、これもなかなか普及しない。メールやウェブサイトでの会社の住所を、手でOutlookなどにコピペするのが現状。以前にもInterConnectでキャンペーンをしたはずだが、今後も必要だろう。

とりあえず今の時点でのまとめ。

よい点

  • 顔写真が見える構成が直観的
  • 人脈管理の有効性は理解できる(だがSNSと比べてどうか)

気になる点

  • 記録帳で下にスクロールすると上のタブが隠れてしまう。
  • パスワードで情報保護する機能がない?
  • OneNoteとはどう使い分けるのか

提案

  • 年賀状の管理(はがきスタジオなどとの連動?)
  • SNSとの連動

細かい点や提案についてはまた次回以降で。

InterConnect 2007レビュー 1

Microsoft InterConnectとは、日本独自の人脈・名刺管理ツールである。だが、バージョンが2007になって、その枠を越えたようだ。OutlookとOneNoteがあれば、かなりのことができるが、InterConnectではなにがどこまでできるのだろうか。

InterConnect 2007製品版(体験版)のインストールを試みる。

Office 2007 B2TR環境にインストールしようとすると以下のメッセージが出る。

---------------------------
セットアップ エラー
---------------------------
「次のエラーが発生したため、セットアップを続行できません:
2007 Microsoft Office system のプレリリース版からアップグレードすることはできません。2007 Microsoft Office system 製品のプレリリース版と関連するテクノロジを先にアンインストールしてください。
上記の問題を解決してから、セットアップを再度実行してください。」

InterConnect 2007 B2TRの配布は終了しているのか、見つからない。つまりOffice 2007の製品版が必要らしい。

次に製品版(体験版)Outlook 2007のみをインストールするために、まずOffice 2007 B2TRのセットアップからOutlook 2007 B2TRのみを削除しようとする。すると

「エラー2711. 内部エラーが発生しました。(TCWord97FilesIntl_1041)」

のメッセージがでる。ちなみにこれはOffice 2007 B2TRのセットアップで機能の追加と削除をしようとすると、他の操作でも同じ結果となる。Expressionのベータが原因という情報もあったが、関係ないようだ。これは2台のパソコンで試していずれも同じ症状である。

また、おそらくはOffice 2007 B2TRを完全に削除しないと、Office 2007製品版(体験版)はインストールできないのだろう。

ここでまた問題がある。Office 2007製品版(体験版)は2007/1/30までしか使用できないのだろうか。インストールする前に知っておきたいのだが、その点がよく分からない。

この続きは次回以降にて。

サラウンド ヘッドフォンCreative HQ-2300D

サラウンド ヘッドフォンCreative HQ-2300Dを買った。ドルビー ヘッドフォン機能があるヘッドフォンとしては一番安い。 ドルビー ヘッドフォンの何がよいかというと、簡単にいえば、普通のヘッドフォンでは「耳の側でゴチャゴチャ音がする」状態だが、ドルビー ヘッドフォンでは音源がある程度離れたように聞こえる。つまり、ヘッドフォンなしで聞いているように聞こえる。ほんとうにヘッドフォン以外から音が出ていないか、気になって思わず確認してしまうほどだ。

本製品は、SonyのMDR-DS1000と比較しても立体感が感じられた。ヘッドフォン自体はMDR-DS1000より重い点が気になっていたが、実際に装着すると大差はなかった(いずれにせよ交換可能)。ひとまずサラウンド感と音質には満足。 装置が小型軽量なので、気軽に外に持ち出して聞くこともできる(実際にそうするかどうかは別として)。

乾電池を使用するので、充電式の乾電池が必須だろう。電池の入れ替えと電源のオンオフの手間がかかる点は覚悟したほうがいい。単三電池に連続的に給電するアダプターのようなものが欲しいところ。

パソコンの光出力端子を遊ばせている人は多いだろうが、このヘッドフォンなら手軽にデジタル音質を楽しめる。ただし、パソコンのテレビ ボードからは光出力できないこともある(NECのSmartVision)。この場合は、アナログ出力にもつなぐ必要がある。

より以前の記事一覧