フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2016/11/25の特許情報シンポジウムで特別講演 | トップページ | Honda R&D Americasによる構造化用語データUTXの新たな事例 »

STC東京特別セミナーとパネルディスカッション

_DSC9860-2k

3/3にSTC東京で特別セミナーとパネル ディスカッションを行います。

第一部「Win-Winの機械翻訳最新活用――ニューラル機械翻訳をUTX用語データでポストエディットする方法」

【プレゼンター】

山本ゆうじ(秋桜舎:企業向け言語・翻訳コンサルティング)

用語集を作り込み、データとして構造化することで、効率的なチェックができるようになり、ニューラル機械翻訳の利点を活かしつつ欠点を補うことができます。

第二部「立教大学 RiCoLaSプロジェクト -実地で学ぶ翻訳と通訳」

【プレゼンターおよびパネリスト】

Tony Hartley氏(立教大学 異文化コミュニケーション学部教授)

戸井田慶子氏 (立教大学 異文化コミュニケーション学部 教育研究コーディネーター)

加藤 じゅんこ氏 (Memsource メムソース日本窓口 )

RiCoLaS (立教コミュニティー翻訳通訳)は、訓練生が実際のプロジェクトに参加し、実務を通してスキルを習得できる、画期的なサービスラーニングのプログラムです。

本セミナーでは、このプログラムの理念・使用ツールと実際の進行・効果などご紹介します。

申し込み方法と詳細はこちら。

https://www.facebook.com/events/1121841514591871/

あるいは

http://www.stc-tokyo.org/37_semior_info/371_tokyo_chp_seminor/

« 2016/11/25の特許情報シンポジウムで特別講演 | トップページ | Honda R&D Americasによる構造化用語データUTXの新たな事例 »

翻訳と翻訳工学」カテゴリの記事

講演・記事等の執筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/64894465

この記事へのトラックバック一覧です: STC東京特別セミナーとパネルディスカッション:

« 2016/11/25の特許情報シンポジウムで特別講演 | トップページ | Honda R&D Americasによる構造化用語データUTXの新たな事例 »