フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

【講演】山本ゆうじの「翻訳速度平均時速650語の秘密(拡張版)」と翻訳道具箱スペシャル(日本翻訳連盟 翻訳環境研究会)

_DSC2332-vga

山本ゆうじのJTF(日本翻訳連盟)翻訳祭分科会での講演が、さらに詳しく、具体的になって、新年早々にJTF翻訳環境研究会で登場!

翻訳祭での分科会講演に参加できなかった方、チャンスです。

そもそもそんなに早く翻訳できるのか?

そんなに早く翻訳して品質はどうなるのか?

気になりませんか?

お申し込みはお早めにどうぞ!

http://goo.gl/J9HGe

開催日:2011年1月14日(金) 研究会: 14:00 ~ 16:40 懇親会: 17:15 ~ 19:30 [希望者のみ]

会場:学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」

---------------------------

本講演では、効率と高品質を両立させる翻訳支援技術についてのさまざまなヒント、特に翻訳ソフト、ユーザー辞書共通仕様UTX、分かりやすい日本語表記ルール「実務日本語」を紹介する。翻訳祭で好評だった内容を大幅に拡張し、かつてないほど具体的な実例を示しつつ、実演をみっちり行う。また、十分な質疑時間で翻訳作業・翻訳支援に関わる日々の疑問を解消できる。プロ翻訳者向けの翻訳支援では、大量の翻訳を複数人数で並行して行い、厳密な用語および表記の管理が必要になる。統計翻訳は、後編集に時間と労力を費やすことが多い。一方、翻訳ソフトで主流のルールベース方式では、ユーザー辞書をカスタマイズして精度と効率を大きく改善できる。参加者は事前に『通訳翻訳ジャーナル』コラム「デジタル翻訳者の道具箱」かオンライン記事(無料)←リンクを修正しました)を参照されたい。

講演のポイント:

◎翻訳現場と開発者・研究者の間の深遠なる溝――翻訳支援と概訳

◎なぜ日本語の翻訳支援用途では統計翻訳ではなくルールベース方式がよいのか

◎前編集・後編集という思い込み

◎翻訳ソフトの実例と実演

◎ユーザー辞書共通仕様UTX(実用的な用語形式)の紹介(詳細版)

◎実務日本語(分かりやすい日本語表記ルール)の紹介(詳細版)

◎「翻訳工学」に向けて

◎十分な質疑時間

(この情報は転載自由です。)

---------------------------

『通訳翻訳ジャーナル』冬号発売・「デジタル翻訳者の道具箱」好評連載中

ウェブでの「PCレベルアップ講座」もどうぞ

【翻訳】『通訳翻訳ジャーナル』2011年冬号が発売

『通訳翻訳ジャーナル』2011年冬号が発売されました。 
tsuhon2011winter

今回号の特集は、映像翻訳です。
 
拙連載・デジタル翻訳者の道具箱(118ページから)の今回のお題は「表記の統一とスタイル ガイド」です。実務翻訳で、表記の統一は(私自身を含め)常に関係者を悩ませています。みんなが幸せになれる方法はあるでしょうか?

翻訳祭の拙講演のトピックとも関連しています。
http://goo.gl/2t0Aq
いらっしゃる方は、併せて読まれるとよいかもしれません。

ご感想もお待ちしています!

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »