フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年度JTF(日本翻訳連盟)翻訳祭

 20th-Honyakusai-bnr_575_100
2010年度JTF(日本翻訳連盟)翻訳祭にパネリストと分科会講師として参加します。

M-2 パネルディスカッション1
「英語公用語化と翻訳の未来」
詳細
分科会「平均時速650語の翻訳支援技術
─機械翻訳を活かして効率と高品質を両立する秘密」
詳細

【分科会の概要】

本講演では、翻訳の発注企業(クライアント)、翻訳会社、研究者、個人翻訳者を対象に、効率と高品質を両立させる翻訳支援技術の向上について、さまざまなヒントを紹介する。特に、翻訳ソフト実演、ユーザー辞書共通仕様UTX、分かりやすい日本語表記ルール「実務日本語」を紹介する。日本での実務翻訳研究が進まないのは、「概訳」と「翻訳支援」という、特性の異なる2つの用途が混同されているからである。概訳では、翻訳利用者が、だいたいの意味さえ分かればよい。一方、プロ翻訳者向けの翻訳支援では、大量の翻訳を複数人数で並行して行い、厳密な用語と表記の管理が必要になる。統計翻訳は、概訳用途では一定の成果を示すが、語順が変わる英日・日英翻訳などでは、後編集に時間と労力を費やすのみである。一方、市販の翻訳ソフトのパッケージで主流のルールベース方式では、専門分野を絞り、ユーザー辞書をカスタマイズして精度と効率を大きく改善できる。

――――――

ご友人・お知り合いの方などお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。以下はJTFからのご案内です。

―――――――――――――――――――
┃ ┃ 「20周年記念JTF翻訳祭」のご案内
┃ 主催:(社)日本翻訳連盟
http://www.jtf.jp/jp/festival/festival_top.html
―――――――――――――――――――

講演・パネルディスカッション・展示会・交流パーティーなどの催し物を用意しております。交流パーティーでは会員間の交流促進や情報交換の場としてご活用いただければ幸いです。翻訳祭は翻訳者、翻訳会社、クライアント、翻訳支援ツールメーカーなど業界関係者が一堂に会するイベントです。参加者の皆様が翻訳祭を通して、新たな人脈形成やビジネス機会が生まれることを願っております。

―――――――――――――――――――

【全体テーマ】
「翻訳で切り拓く日本の未来 ~需要開拓と新技術~」

【日時】
2010年12月13日(月)10:00~20:00(開場9:30)

【場所】
●「アルカディア市ヶ谷(私学会館)」
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
※JR・地下鉄「市ケ谷駅」より徒歩2分
(地図) http://www.arcadia-jp.org/access.htm

【お申し込み】
https://www.jtf.jp/jp/festival/festival_apply.html

【申込締切】
2010年12月6日(月)まで
※定員になり次第、受付を終了致しますので、お早めにお申し込みされることをお勧め致します。
※当日参加の受付も致しますが、満席の場合はご参加いただけない場合もございますので、予めご了承ください。

【主催】
(社)日本翻訳連盟

【後援】
経済産業省
アジア太平洋機械翻訳協会
STC 東京支部
中国翻訳協会
一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会
社団法人電子情報技術産業協会
公益社団法人日本工業英語協会
日本翻訳者協会(JAT)


■交流パーティー 18:00~20:00(120分)3階 富士の間
情報交換を行い、これからの業界の展望などを語り合う機会となります。翻訳祭の講演者やパネリストの方々も参加される予定です。また昨年に続いて「ほんやく検定1級合格者の表彰式」を行います。お仕事のための人脈作りや最新の業界の動向をつかむためにぜひご参加ください。


■翻訳プラザ 9:30~18:00 6階 阿蘇の間
最新版の翻訳ソフト(MT)や翻訳メモリー(TM)など各種最新の翻訳支援ツールを実際に体験することができる「展示・デモコーナー」と書籍の販売や翻訳会社などに相談ができる「書籍・翻訳相談コーナー」があります。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »