フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 庭のエスカルゴ採るべからず | トップページ | 【連載】字数制限で日本語力を磨く! »

ユーロマンガ第2号発売!

ヨーロッパ マンガ専門誌『ユーロマンガ』第2号(飛鳥新社 刊)が昨日発売されました。 マンガ コーナーの充実した大きな書店にも置いてあるはずですが、Amazonのほうが確実かもしれません(しかも送料無料)。

(下の画像はクリックで拡大できます)

euromanga_2_cover3

『スカイドール』、『ブラックサッド』、『天空のビバンダム』(ニコラ・ド・クレシー)など、味わいの異なる、粒よりの作品4作を収録しています。

私は『ラパス―血族の王国』の翻訳を担当しました。

ラパス―血族の王国

元祖にして本場・ヨーロッパの吸血鬼の雄叫びを聞け! 舞台は現代のニューヨークで幕を開ける。女警部補ヴィッキー・レノーアは、屈強な部下スピアッジとともに奇妙な連続殺人事件を捜査していた。被害者たちには、耳の後ろに水疱を持つ という共通点があった。そして現場に残された謎の言葉「お前たちの王国は滅ぶ」の意味とは? やがて、人間界に深く食い込み世界 を裏で支配する、太古より築き上げられてきた不死の吸血者王国の存在が浮上する。そしてその旧体制の、人間への同化を許し難い堕落とみなす反逆の吸血者兄妹・カールとカミーラの熾烈な戦いに、レノーアたちは巻き込まれてゆく。

レノーアたちは、上司のフィッグスが吸血者ではないかと疑いを持ち、密かに捜査を進める。さらに同僚の警官でレノーアの恋人でもあるバーンズもまた、吸血者の一味と判明する。衝撃を受けるレノーア。一方、反逆者であるカールとカミーラは、容赦ない吸血者狩りを繰り広げる。

線描とモノクロが主体の日本のマンガとはひと味違うヨーロッパのマンガ独特の、大胆かつ繊細で美麗な色彩の世界に、空気感を鮮やかに伝える映画的な描写で、華麗なアクションと官能的なシーン、アンビヴァレントな愛憎が渦巻くドラマが今ここに展開される!」

euromanga2_flier

その他の詳細はユーロマンガのサイトをどうぞ。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« 庭のエスカルゴ採るべからず | トップページ | 【連載】字数制限で日本語力を磨く! »

おすすめ製品」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

翻訳と翻訳工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/44296376

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロマンガ第2号発売!:

« 庭のエスカルゴ採るべからず | トップページ | 【連載】字数制限で日本語力を磨く! »