フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 【連載】翻訳知識の共有と再利用 | トップページ | 【三百字小説】佳い香り »

【三百字小説】紫陽花の女

 

紫陽花

「雨はかなり激しく降ってズボンや袖を濡らしてゆく。僕はバス停でひとり、なかなか来ないバスにやきもきしていた。
朱い傘を差した若い女が、こちらに歩いてくる。
彼女もきっとバスに乗るのだろう……」

続きはこちら(mixi内)

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« 【連載】翻訳知識の共有と再利用 | トップページ | 【三百字小説】佳い香り »

小説・創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/42521658

この記事へのトラックバック一覧です: 【三百字小説】紫陽花の女:

« 【連載】翻訳知識の共有と再利用 | トップページ | 【三百字小説】佳い香り »