フォト

My other photos


最近のトラックバック

« パンダのいなくなった動物園 | トップページ | 光文社文庫『奇妙にこわい話』佳作入選 »

【三百字小説】ある天国の在り方

0804300001

「ある天国を、僕は少しだけ覗いてきた。
 色とりどりの花が咲き誇る緑の丘を、小川が流れる。草や水が裸足に心地良い。
 大樹の木陰に一台の大型テレビがあった。天国の住人たちは、小鳥の歌を聞くでもなく、テレビの前に群がって画面を一心不乱にみつめていた。
 その鮮明な大画面の中では悲しいニュースが流れていた……」

続き (mixi内)

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« パンダのいなくなった動物園 | トップページ | 光文社文庫『奇妙にこわい話』佳作入選 »

小説・創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/41139965

この記事へのトラックバック一覧です: 【三百字小説】ある天国の在り方:

« パンダのいなくなった動物園 | トップページ | 光文社文庫『奇妙にこわい話』佳作入選 »