フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

Z会のTOEIC模試で満点を目指せ!

 0803290183

猛烈な睡魔と戦いながら、Z会の無料オンラインTOEIC模試に挑戦してみました。結果は3問間違いでした。やれやれ。満点への道は厳しいです。

模試は、5/25(日)までですのでお早めに。

なるべく本番に近い形式で模試をしてみるのは大切です。2時 間連続だと、集中力が弱まりがちですからね。満点には、体調管理が不可欠ということを再確認できました。

TOEICのコツについては、また改めて雑誌の記事で取り上げたいと思いますが、たとえば以下のような点があると思います。

  • リスニングでは、よけいなことをあれこれ考えずに集中しましょう。これはイギリス英語だな、この声はあの人に似ているな、などと考えていると肝心のことを聞き逃してしまいます。
  • リスニングの会話の情景は、頭の中でイメージとして描くとよいでしょう。
  • 文章問題では、選択肢を見てから問題文を読むの効果的です。しかし、これは「問題文を飛ばしながら読んでよい」ということではありません。読み飛ばしたところに重要なヒントが隠れていることもあるので、問題文はすべて読むべきです。そのためには「早く、見落としのないように読む」ことが大切です。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【連載】我が語学修行人生・前編

0804300105

日外アソシエーツのメルマガの拙コラム「山本ゆうじの翻訳道具箱」が更新されています。

「語学力は、もちろん翻訳者としての重要な基礎能力の一つです。今回は、私のささやかな語学修行人生についてです。要点は以下の3点です……」

続きはこちら

最新版の購読はこちら

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【連載】翻訳ソフト活用の基本2―圧縮翻訳とはなにか

通訳翻訳WEBの連載「パソコンレベルアップ講座」を更新しました。

翻訳ソフト活用の基本2―圧縮翻訳とはなにか

「私は合理的な翻訳の手法を、翻訳工学として体系化したいと考えています。「圧縮翻訳」は、その手法の一つです。 圧縮翻訳とは、原文内の似た要素を事前にまとめて翻訳することで、作業効率を向上する手法です。

「原文内の似た要素」とは、「文」か「単語」のいずれかの単位です。
「似た文を何度も翻訳するのは時間のムダ」なので、「似た訳文を再利用する」のが翻訳メモリーです。
同様に……」

続きはこちら

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

光文社文庫『奇妙にこわい話』佳作入選

0802080133

光文社文庫『奇妙にこわい話』佳作に入選したというお電話を頂きました。これは沖縄方面の洗骨と人形のお話しでした。

あとがきに阿刀田高さんの講評がのるはずですが、佳作にはつかないかなあ。

7月刊行予定の『もちろん奇妙にこわい話』に収録されるので買ってください!

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【三百字小説】ある天国の在り方

0804300001

「ある天国を、僕は少しだけ覗いてきた。
 色とりどりの花が咲き誇る緑の丘を、小川が流れる。草や水が裸足に心地良い。
 大樹の木陰に一台の大型テレビがあった。天国の住人たちは、小鳥の歌を聞くでもなく、テレビの前に群がって画面を一心不乱にみつめていた。
 その鮮明な大画面の中では悲しいニュースが流れていた……」

続き (mixi内)

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

パンダのいなくなった動物園

0804300056

リンリンのいなくなった上野動物園(写真)に行ってきました。
パンダはいなくなってもパンダネズミがいました。

動物園という場所は、どうも罪悪感のようなものを感じてしまう。『ファインディング・ニモ』を見た後の魚料理、みたいな。でも動物の保護の意識向上には役立っているんだろうな。

小獣館のハダカデバネズミがイケてました。

シロクマの無限往復哀れなり
                   ゆうじ

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »