フォト

My other photos


最近のトラックバック

« サイパンから帰りました | トップページ | 2008年度 UWC奨学生選考会 »

【特集と連載】検索のツボ、広辞苑の誤り

通訳翻訳ジャーナル

『通訳翻訳ジャーナル』2008年春号の特集「翻訳者のためのパソコン活用検索術」として、「検索のツボ」という記事を書きました(48~52ページ)。現代の翻訳者が今使っている、また使うべき環境について分かりやすくご紹介しています。

「探している情報がパソコンですぐに見つけられる」と言い切れる自信のない方は、ご一読いただければお役に立てるかもしれません。

189ページの拙連載「デジタル翻訳者の道具箱」もお忘れなく。今回のテーマはお待ちかね、翻訳ソフトについてです。

道具箱の冒頭で取り上げた、広辞苑の誤りについての補足です。「在原行平」についても誤りが指摘されましたが、広辞苑の(少なくとも)第四版(1991)と第五版(1998)で、「最上級」の英語訳がsuperativeと記載されています。正しくは、superlativeで"l"が入ります。以下は第五版の1037ページです。

080223-193537-5th-excerpt

第六版では英語表記そのものがなくなっています(1090ページ)。

080223-194917-6th-excerpt

もちろん、広辞苑だけに問題があるわけではありません。前述の「検索のツボ」特集でも書いているように、どんな辞書も鵜呑みにせず、複数の辞書を 串刺し検索して確認した方がいいですね。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« サイパンから帰りました | トップページ | 2008年度 UWC奨学生選考会 »

ソフトの使いこなし」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

翻訳と翻訳工学」カテゴリの記事

講演・記事等の執筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/40236968

この記事へのトラックバック一覧です: 【特集と連載】検索のツボ、広辞苑の誤り:

« サイパンから帰りました | トップページ | 2008年度 UWC奨学生選考会 »