フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 吸血鬼・九掌篇(2)「地下墓地の槌音」(期間限定公開) | トップページ | メトロ芸術文化展 »

下北沢のヴィレッジ ヴァンガードにはまった

下北沢の扉

今日はIさんと下北沢に行きました。

下北沢のヴィレッジ ヴァンガード。本屋さんらしいのですが、本以外に、ノリで買うと後悔しそうなモノ、ほんとうに売れているのか心配したくなるモノなど、変なモノがいっぱい置いてあります。怪しさはドンキホーテにも通じるものがあるけど、特定のポリシーがあるぶん、明らかに濃いですね。一部をとれば、本屋さんにもそれぞれ似たコーナーがあるけど、これだけの密度と品揃えで集まると面白い。私は不条理系、自暴自棄系の後ろ向き文化はちょっと苦手ですが。政治家とか存在自体がシュールで異常なものは、すでにあるぶんだけでおなかいっぱい。

商品が具体的なモノとして形を成している場合でも、その形を補う、想像力や「なりきり」、遊びの要素は、依然として必要のようです。ならば、広義の言葉遊びとしての掌篇は、やはりまだまだ可能性があるのだと思います。

とてもお勉強になりました。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« 吸血鬼・九掌篇(2)「地下墓地の槌音」(期間限定公開) | トップページ | メトロ芸術文化展 »

小説・創作」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/17721265

この記事へのトラックバック一覧です: 下北沢のヴィレッジ ヴァンガードにはまった:

« 吸血鬼・九掌篇(2)「地下墓地の槌音」(期間限定公開) | トップページ | メトロ芸術文化展 »