フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

吸血鬼・九掌篇(3)「南国吸血譚」(期間限定公開)

曇りのグアム

 「オリエント研究科の高宮から地中海の遺跡発掘調査への同行を依頼された。彼は地中海に小規模の吸血文明が存在したという奇妙な仮説を主張して、考古学学会から村八分にされていた。早い話が通訳代わりだが、ただでギリシア遊覧できるという話は見過ごせない……」

続きはこちら(mixi内)
----------
昨年末にコンテストに提出した吸血鬼掌篇です。

mixi内部のみでの公開としています。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

SDL TRADOSの紹介ビデオ(操作デモ)

森鴎外旧居

翻訳メモリー ツールSDL TRADOSの動作画面を紹介するビデオ(操作デモ)【リンクを更新しました】を作成しました。

第一回目の内容は入門者向けで、「翻訳メモリーとはなにか」の解説です。

続きを今作っているところです。すでにお使いの方には当たり前のことかもしれませんが、もしかしたら新しい発見があるかもしれません。

手作りですので至らない点もありますが、「BGM付きでもっとノリノリのほうがいい!」とかご感想をお待ちしております。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

メトロ芸術文化展

代官山コラージュ

メトロ芸術文化展が東京メトロ日本橋駅構内で開かれています。期間は1月19日(土)~2月20日(水)です。
http://scope.metrocf.or.jp/kansyou/index.html#bunka

拙作の詩「眠り姫」も展示されていますので、銀座線、東西線、浅草線のいずれか経由で日本橋駅を使うことがあればチェックしてみてください。

■■再訂正■■

掲示されているのを確認しました。

-----------------------------

写真はたまたま立ち寄った代官山です。閉店の張り紙が多いのは不景気の影響でしょうか。やたらにフランス語やイタリア語の看板が目につき、ハイソですました雰囲気がカチンと来ますが、確かにオサレではある。薄っぺらい流行でなく、根付いたものであればもっといいんですけどね。デザインやセンスの核に、一貫した思想があるかを問いたい。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

下北沢のヴィレッジ ヴァンガードにはまった

下北沢の扉

今日はIさんと下北沢に行きました。

下北沢のヴィレッジ ヴァンガード。本屋さんらしいのですが、本以外に、ノリで買うと後悔しそうなモノ、ほんとうに売れているのか心配したくなるモノなど、変なモノがいっぱい置いてあります。怪しさはドンキホーテにも通じるものがあるけど、特定のポリシーがあるぶん、明らかに濃いですね。一部をとれば、本屋さんにもそれぞれ似たコーナーがあるけど、これだけの密度と品揃えで集まると面白い。私は不条理系、自暴自棄系の後ろ向き文化はちょっと苦手ですが。政治家とか存在自体がシュールで異常なものは、すでにあるぶんだけでおなかいっぱい。

商品が具体的なモノとして形を成している場合でも、その形を補う、想像力や「なりきり」、遊びの要素は、依然として必要のようです。ならば、広義の言葉遊びとしての掌篇は、やはりまだまだ可能性があるのだと思います。

とてもお勉強になりました。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

吸血鬼・九掌篇(2)「地下墓地の槌音」(期間限定公開)

ヴェネツィアの路地

「未知の通路は、無数のフレスコ画に彩られている。古代エトルリア人の残した異教の地下墓地(カタコンベ)へと通じているらしい。見る者もない画は、闇の中で遺骸と長い夢を眠るのだ。残り少ないマッチを点すと、画が鮮やかに浮かび上がった。男が双槌を両の手に……」

続きはこちら(mixi内)
----------
昨年末にコンテストに提出した吸血鬼掌篇です。

mixi内部のみでの公開としています。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【連載】翻訳発注者が知っておくべきこと

鶴岡八幡宮

通訳翻訳WEBでの拙連載「パソコン レベルアップ講座」が更新されています。

「『なかなか思うとおりの翻訳をしてもらえない』『結局自分で全部翻訳しなおすはめになった』という声は、翻訳発注者から少なからず聞きます。また、翻訳者として受注する側の立場では、なかなか要望があっても伝えることが困難かもしれません。翻訳の発注側と受注側の意思疎通がうまくいってないと、双方にとって悲惨な結果になります。今回は発注側の立場から『翻訳者によい翻訳をしてもらうために』何ができるか、発注者が最低限知っておくべきことをいくつか考えてみます……

続きと他の画像は「翻訳発注者が知っておくべきこと」へどうぞ。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

共有ユーザー辞書仕様UTXメーリング リスト

国立新美術館

共有ユーザー辞書仕様UTXメーリング リストを開設しました。

どなたでもご参加いただけます。上記ページの注意事項をよくお読みの上、手順に従ってご参加ください。

UTXについてはこちらもご覧ください

近々、言語処理学会でAAMTメンバーからUTXについての発表が行われる予定です。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

吸血鬼・九掌篇(1)「桶の中の妹」(期間限定公開)

京都・東寺

「衣服の様子 からは良家の子弟とも見えるが、薄汚れている。十六歳くらいか。少年は、広壮な屋敷の石段に腰掛け、澄んだ空に見事な龍形を成した夕焼け雲をぼんやりと眺めていた。 ……」

続き (mixi内)
----------
昨年末にコンテストに提出した吸血鬼掌篇です。

mixi内部のみでの公開としています。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

新年の抱負

0801020005

英語圏にはNew Year's resolutionというもの、すなわち「新年の抱負」があります。「新年の抱負」は日本にも似たものはあったかもしれませんが、定着したのは西洋から入った習慣かもしれません。明治以降の学校教育を経由したのではないか、というのは単なる推測ですが。

BBCを聞いていたら、新年の抱負を実現できる人は10人に1人とのこと。「小説を完成させる」という目標も挙げられていてどきりとしました。新年の抱負を実現するコツは、

  • 昨年失敗した目標と同じ目標にしないこと
  • 欲張らずに1つの目標にすること
  • 一、二度失敗したぐらいですぐに諦めないこと
  • 具体的な数値や期日を定めること

だそうです。

こちらの質問「今年の目標は達成できましたか?」への回答によれば、みなさんわりと実現できているようです。それでも四分の一ですけどね。

ちなみにアメリカ政府によるPopular New Year's Resolutionsというものがあります。

みんなけっこう同じこと考えてるんですね。"Volunteer to Help Others"、"Reduce Stress at Work"という発想は日本人にはないようですが。

私の今年の抱負は「夜は12時に寝て、朝は8時に起きる」です。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »