フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

【連載】プロバイダと最善慣行(ベスト プラクティス)

0711230031

日外アソシエーツのメルマガの拙コラムが更新されています。

「『読んで得する翻訳情報マガジン』の名に違わぬよう、役立つ情報をひとつ。ADSLを数年前に契約した方は、そろそろプロバイダの見直し時か もしれません。

数年前は月4000円程度が一番安かったのが、今では月2000円でも十分な速度で接続できます。料金コースの変更以外にも、レンタルしていたスプリッタ(電話線とADSL回線を分ける機器)を自分で購入して、……」

続きはこちら

最新版の購読はこちら

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

ゆび、きたっすよ……

というわけで、ゆびがきました。

0711240009

一部地域以外の方のために解説すると、松下奈緒の「ゆび、きたっすね」というキャッチフレーズでCMを流していた、イーモバイルという会社のEM・ONEという携帯端末を買ったのです。Ubiquitous(普遍的な)という語には、社会全体がすみずみまでネットワーク化していくという意味があるようです。

イーモバイルはまだ一部地域でしか使えないので、あんまりubiquitousではありませんが。

高くて遅かった通信環境が、かなり安くてかなり高速になりました。ポッドキャスト、ビデオキャストでかなり満足しているので、モバイル ブロードバンドには懐疑的でしたが、割高というよりむしろ安上がりです。

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

九段下駅で見つけた

やや、これは。

0711160011

メトロ文学館の拙作の詩がこんなところに。我が子なればこそ、こんな隅っこに隠れんぼしてても分かるのだ。

だが、大都会の情報の奔流の中では、これとてひとしずくにしか過ぎない……。

0711160010

人気ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングで本ブログに投票クリックすると票が入ります

【連載】Word再入門2・スペル チェックしてますか?

通訳翻訳WEBでの拙連載「パソコン レベルアップ講座」が更新されています。

よくみかけるパソコン雑誌などでは、「おせっかい機能」と勘違いされているスペル チェッカー。正しく使えばけっこう便利なものです。

spell-alernate

「突然ですが、以下の日本語に該当する英単語を書いてみてください。

  • 明日
  • 旅人
  • ミシシッピー
  • ニーチェ

 自信を持って以上のすべての語がすらすら書けた方は、ここで読むのをやめてもけっこうです。そうでなければ続きをどうぞ。」

続きと他の画像は「Word再入門2・スペル チェックしてますか?」へどうぞ。

人気ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

「換の玉」で置換後の文字列に色を付ける

「換の玉」は、拙作のWord用置換ツールです。検索する語、置換する語のペアを辞書として記録し、何度でも同じパターンですばやく置換することができます。翻訳や文書作成に活用いただいています。

replace-diag

換の玉で「置換した後の文字列に色を付けられないか?」 という問い合わせをいくつかいただきました。

ひと手間かかりますが、以下の方法で可能です。

  1. 換の玉ダイアログ ボックスから、置換候補を選択します。
  2. 換の玉ツールバーのダイアログ ボタンを押して、置換ダイアログを表示します。
  3. 上図の[置換後の文字列]をいったんクリックします(←重要!)。
  4. [書式]ボタンから蛍光ペンなどの書式設定をすることができます。
  5. すべて置換し終わった後で、文書全体を選択して蛍光ペンを消すことができます。

換の玉は、一括置換ができるだけでなく、そのつどチェックしながら置換できる「逐次置換」ツールです。そのため、色付けは必ずしも必要ではありませんが、場合によっては使うことがあるかもしれませんね。

このように、Wordでは「書式を置換」することができます。つまり、黒の字だけを赤にする、などといったことができます。覚えておくと応用がいろいろでき、ちょっと便利です。

人気ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

「モウグリの兄弟たち」がカブ スカウトで紹介

SANY6339

ラデャード・キプリング作、拙訳の「モウグリの兄弟たち」(『ジャングル ブック』より)が、横浜第103団カブ スカウトで紹介されました。

『ジャングル ブック』は、カブ スカウトのモデルとなっているそうです。

『ジャングル ブック』は他の作品と比べて、これまであまり注目されていなかったのですが、こうやって使ってもらえるとうれしいですねsmile_teeth ただ、訳のほうはちょっと前のものなので、恥ずかしいです。この作品は、あえて「子どもっぽく訳さない」という方針で訳しました。もともと原文には、子どもっぽさは微塵もないのです。また、次のような方針もありました。

  • 原文に含まれる文学的味わいは残して置き換える。つまり、原文より面白さが減るようなことがあってはならない。
  • さらに、翻訳時に偶然に発生した文学的味わいを加える(擬音やルビ、漢字への置き換えなど)。ただし、全体のバランスを崩さないようにする」

日本語としての「自然さ」よりも、翻訳的文体の味を重視しています。

それでも今もう一度訳すとしたら、訳し方の方針や基準が異なるでしょうね。原文に対する責任が生まれる「翻訳」よりは、創作のほうがやはり気楽だと思います。

人気ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

『てのひら怪談2』に収録予定です

山村の屋敷……ではなくて北原白秋の家

拙作の怪談「蚊帳の外」が、ポプラ社刊『てのひら怪談2』に収録予定です。今から予約をされるといろいろ特典があるそうです。わくわく。

てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (2)

「蚊帳の外」―「万年助教授の『僕』が土佐の山村で出会う『怪』!」

今日、著者校正をしました。八百字は、怪談にはちょうどいい長さのように思います。これより長くても別にいいのですが、怖さのポイントは、意外にコンパクトなものです。

人気ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »