フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

キャンプから帰りました

このキャンプは「オリキャン」、つまりUWC日本卒業生会主催の新奨学生のためのオリエンテーション キャンプです。

UWCの説明
http://uwc-japan.org/

むし暑さには参ったけど、将来が有望なUWC奨学金の新入生・在校生・卒業生ら若者と、夜更けまで話しをしました。かまどの傍の木製の長椅子に何時間も座って話したので尻が痛くなりました。

このキャンプには毎年行っていますが、毎年新しい発見があります。偉そうなことを書けば、人間というものが(主に精神的に)どれだけ成長するものなのか気づかされます。小説も、多かれ少なかれ主人公の人間的成長の物語ですしね。

UWCには、普通は経験できない貴重な機会が無数にあります。それらをどれだけ、どのように生かしていくかはその人しだい。またUWCに限らず、取り組み方しだいで、人生は大きく変わってゆく、ということも考えさせられます。

UWCの生徒の中からもっとクリエイティブ系の人が増えると嬉しいな。

UWCオリエンテーション キャンプ2007

(プライバシー保護の観点から念のため人物写真は除外しています)

 

用語集・ユーザー辞書のネット上での相互共有利用

 

今回は、翻訳のための用語集・ユーザー辞書のネット上での相互共有利用についての質問です。このブログの扱う分野はさまざまなので、前の回とはまったくつながりのない内容になったりしますが、そういうときはこのページの左のカテゴリーから読みたい分野を選んでください。

さて、用語集・ユーザー辞書は、特定の翻訳プロジェクトにしか使わないものもありますが、「ある分野固有」の辞書であれば、 ネット上で相互共有することができます。自分一人で全部作らなくても、他人の用語集・ユーザー辞書も活用できるわけです。もちろん「相互」なのでギブ アンド テイクですが、「共有したい」部分だけ共有することができます。

今、このための仕組みをアジア太平洋機械翻訳協会が検討中です。品質の維持など課題は多々ありますが、翻訳ソフトの精度を上げるには非常に重要なプロジェクトです。また翻訳作業の調べものの手間を減らしてくれることでしょう。

さて、みなさんはこのような共有利用をしてみたいですか?

 (その他の翻訳工学に関する実態調査

横浜山手女子学園で、国際バカロレア

横浜山手女子学園で、国際バカロレア課程(IB)コースを2008年4月開設予定となっています。
http://www.yamatejoshi.ac.jp/

世界共通の教育課程である国際バカロレアについてはこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%A2%E8%B3%87%E6%A0%BC

昨今の、隣国を貶めるような風潮は誠に情けない。文化とは単独で成立できるものではありません。愛国主義を振りかざす人間ほど、日本のことを表面的にしか知らないことも多いように見受けられます。国際バカロレアでは、自分の文化の理解を深めると同時に、異文化への理解も深める努力がされています。異文化理解教育の理念が、このような動きから少しでも広がってゆけばと思います。

このような情報は、UWCの存在と同様に、知っているかどうかだけで人生が変わることがあります。横浜近辺の人に限られますが、興味を持ちそうな方にはぜひ教えてあげてください。

ポッドキャストで英語の勉強を

最近電車に乗っていると、英語の書類を読んでいる人がけっこういます。二カ国語放送を見ている人も意外に多いようです。日本人も英語が得意になりつつあるのでしょうか。

今日のお題はポッドキャスト。

Lazy Susanとユーザー辞書

日外アソシエーツの拙コラムのブログが更新されています。

「ユーザー辞書(UPF3)と一語一義」

「Lazy Susanというものをご存じでしょうか。おそらくみなさんが必ず一度は目にし、また使ったことがあるものです。答えは「回転式テーブル」。
「1932年に目黒雅叙園の創設者、細川力蔵氏が作った」という説があり、日本で広まったのはそちらなのかもしれませんが、18世紀のイギリスにすでに原形があったようです。」

続きは
http://tran.blog.shinobi.jp/Entry/361/

翻訳工学に関する実態調査を実施中!
http://cds.cosmoshouse.com/satila/stats.htm

 

東京メトロ全線に拙作の詩が掲載!

メトロ文学館の秀作に入選しました。
http://scope.metrocf.or.jp/gallery/bk_index.html
拙作の詩「眠り姫」が、美麗な写真とともに中吊りポスターになって2ヶ月間、東京メトロ全線に掲載されます。

それを読んだ国語教師が出来映えに感心して出版社に推薦し、国語の教科書に載る……というのは単なる妄想です。

蒼井優主演で映画化される……というのも妄想です。

10月からなのでまだ先ですが、見かけたときは大声で朗読してください。なんてね。

許しがたい過ち

間違いをしても許せないのは相手が人間のとき? それともソフトのとき?

一部のソフト活用の障害となる、この心理についての解説はルーウェリン反応の記事をどうぞ。

今日のお題・タッチ タイピング

私は日本語入力ではかな入力を使います。かな入力は、ローマ字入力と比べて圧倒的に少ないようですね。

今日のお題はタッチ タイピングです。入力方式にかかわらずお答えください。

東京国際ブックフェアに行ってきました

今日は東京国際ブックフェアに行ってきました。いろんな方とお話しし、世界中の珍しい本を目にしていると時間があっという間に経ってしまいます。

田原総一朗氏の講演も聴いて、質疑の時間に質問しようとしたら、ついに指名してもらえませんでした。ちなみに私の質問は「出版界に注文をつけるとしたら何か」というものでしたので、答えていただけたにしても答えづらいものだったとは思いますが。こういう質問をしようとするので一部で誤解されているのかもしれませんね。

さて、日外アソシエーツさんのメルマガで掲載していただいている拙コラムがブログ形式になって読みやすくなりました。
パソコンで仕事する上で役立つ情報をいろいろご紹介しています。こちらに各回のタイトルを出していますのでお好きなところからどうぞ。
http://transpc.cosmoshouse.com/news.htm#nichigai

開いたページからは、コメントなども残していただけます。

最新号の購読はこちらからどうぞ。
http://tran.blog.shinobi.jp/

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »