フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

新宿エイサー祭り

新宿エイサー祭りに行ってきた。私が見た限りではこの写真のグループ、炎舞太鼓が率直でよかった。


Shinjuku Eisah
Originally uploaded by Red Horse.

トリの琉球國祭り太鼓は期待していたが今ひとつ。もっと伝統的な演目も見たかったのだが、一般ウケしないのだろう。読谷村 楚辺青年会を見逃したのは痛かった。やはり踊りというのは、上手いものをみるのが良い。

私が初めてエイサーを直接見たのは大学の学祭だったと思う。筑波には沖縄からの学生はかなり多いようだ。女子学生の踊り手が、男子に混じっていた。くるり、くるりと身を翻して踊る姿は鮮烈な衝撃だった。惚れた。

古色・痛み


Wet bark
Originally uploaded by Red Horse.

右手の指を怪我した。槌指(マレットフィンガー)というやつである。結局、手術をすることになった。ネットのおかげでどのような手術をするのか、経過はどうなのかといった情報は、事前に調べればよくわかる。

そして手術。麻酔というものはありがたいものである。手術中はほとんど痛みを感じることはない。本当に痛いのは麻酔が切れてからだ。

「かなり痛い」とは聞いていたが、その時が来るまでは抽象的な想像しかできなかった。痛みというものは文章でなかなか伝えられるものではない。生々しい描写であっても、それが他人の痛みである限りはみな平気なものだ。もし痛みが本当に伝わるものであれば、この世は痛みに満ちていることだろう。そして、世の中にあふれているであろう痛みに比べれば、この痛みなどはまったくたいしたことはない。

写真は、神社の境内の、雨に濡れた古大木の肌。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »