フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 『日本沈没』 | トップページ | 新宿エイサー祭り »

古色・痛み


Wet bark
Originally uploaded by Red Horse.

右手の指を怪我した。槌指(マレットフィンガー)というやつである。結局、手術をすることになった。ネットのおかげでどのような手術をするのか、経過はどうなのかといった情報は、事前に調べればよくわかる。

そして手術。麻酔というものはありがたいものである。手術中はほとんど痛みを感じることはない。本当に痛いのは麻酔が切れてからだ。

「かなり痛い」とは聞いていたが、その時が来るまでは抽象的な想像しかできなかった。痛みというものは文章でなかなか伝えられるものではない。生々しい描写であっても、それが他人の痛みである限りはみな平気なものだ。もし痛みが本当に伝わるものであれば、この世は痛みに満ちていることだろう。そして、世の中にあふれているであろう痛みに比べれば、この痛みなどはまったくたいしたことはない。

写真は、神社の境内の、雨に濡れた古大木の肌。

« 『日本沈没』 | トップページ | 新宿エイサー祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/11130325

この記事へのトラックバック一覧です: 古色・痛み:

« 『日本沈没』 | トップページ | 新宿エイサー祭り »