フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

『日本沈没』

日本沈没。漢字四文字で済む話を、小松左京は上下巻二冊分に引き延ばした。たいしたものである。いつか読めばいいや、という気持ちで今まで読まなかったが、やはりこれは読んでおくべき作品だった。


Broken railing at sunset
Originally uploaded by Red Horse.

この作品の凄さは、やはり専門用語のオンパレード、科学的描写の緻密さだ。「フィクションなんだからそんな細かいところを書かなくても」ということでは満足できないのだろう。その緻密さには頭が下がるが、娯楽として「面白いか」は別問題だ。この「もっともらしさ」のおかげで、科学的にはどこまで信用できるか分からない。これがSFであることは間違いない。たとえば、21世紀になっても日本には一万メートル潜れる潜水艇はない。せいぜい6500メートルである。真に教育的なものを書きたければノンフィクションにすればよさそうだが、そういうわけでもないのだろう。この作品のインパクトが今さら感じられないのは、日本の社会にすでに浸透してしまったからなのかもしれない。

ある種の無神経さと視野の狭さ、時代的な限界も感じる。2006年現在では、本作中の各国の反応は、保守系新聞的な陰謀妄想の域を出ない、と感じられる。発表当時は、世論は今よりももっと疑心暗鬼だったのだろう、とも思ったが、一進一退で、結局は今ともそれほど違いがないのかもしれない。

ハリウッドでリメイクされるとしたら、日本沈没を阻止するために隠れたヒーローが立ち上がった、みたいな話になるのだろう。それがいいか悪いかはともかくとして。

人間ドラマ的としては散発的で、「おまけ」でしかない。どいつがどいつなのか、読むうちに混乱してくる。『24』などではミクロとマクロのドラマが見事にかみあっているのだが。

端島(いわゆる軍艦島)


Building
Originally uploaded by Red Horse.

不思議な島だ。

「立ち入り禁止」という甘い誘惑。ネットで数十枚の写真をじっくり眺め、DVDを見て、「よくある撮影スポット」も分かってきた(ちなみにこのページの写真は関係ない)。なんとなく行ってきた気分になる。想像力をいろいろと刺激される。

ここにある(あった)学校では、教室の左側の窓から海が見え、右側の窓からも海が見えるのだ。

この島に感じるノスタルジーは、この島が今も廃墟化を続けているというところにあるのだろう(念のため書いておくと、軍艦島という名はシュールとは感じるが、私は別にその名に惹かれているわけではない)。

泉鏡花『海城発電』

http://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/4557_12112.html


Ugly and Beauty - Destiny?
Originally uploaded by Red Horse.

海の上に浮かぶ城のような最高軍事機密の発電所があって、その秘密を聞き出そうと拷問を加える。 必死に耐えるスパイ。

……という話ではないことは本文をお読みいただければ分かる。 そうだったら、それこそ海野十三が書きそうな話だが、別に関係はないようだ。

初出が、1896(明治29)年1月。やはり人間は五十年や百年程度では変わりはしないものだ。

Windows XPでスタンバイや休止に失敗する件


What's this?
Originally uploaded by Red Horse.

まったく技術的な話だが、Windows XPでスタンバイや休止に失敗する場合、Windows XP 用の更新プログラム (KB889673) を試されるとよいかもしれない。私はこの問題でずいぶん悩まされていたが、とりあえずは正常に動作している。

参考:Windows XP Service Pack 2 が実行されていてハードウェア DEP が有効になっているコンピュータで、スタンバイまたは休止状態から再開すると応答を停止する場合がある

人気ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

FC2 ブログ ランキングへクリックすると票が入ります

閑かな路地裏(三百字小説)


Sorrel - Sukampo
Originally uploaded by Red Horse.

 またあいつらか……

 二階の窓から顔を出すと、路地裏で小学生ほどの子供が四、五人、サッカーに興じてけたたましい声を上げている。気楽で羨ましい。

 余裕のない大人にはなりたくないが、これだけ騒がれては執筆に集中できない。特に子供好きではなく、接する機会もない私は、どう対応すべきか迷う。

 「あのさ、君たち。公園で遊んでくれないかな」

 「すみません」

 一人がすぐに答えた。それまでのはしゃいだ声からすると意外だった。私はそこに、大人の原形のようなものを感じた。この子は、どんな大人になるのだろうか。

 子供たちは去り、路地裏は、

 しんとした。

 鳥のさえずりのみが時折聞こえる。

 ああ、閑かだ……。

 そして、少し寂しくなった。

たんぽぽとシェーバー


Dandelion
Originally uploaded by Red Horse.

シェーバーを買い換えた。

これまで使っていた日立のシェーバーは、電池交換すると7000円とるそうな。いまどきニカド電池なのは、買い換えさせるための苦肉の策であろうか。

「掘り出し物がありますぜ」

と、売場のオジサン。ロータリーか往復か回転かで迷っていたが、

007も映画の中で使っていました」とくる。年期の入った滑らかなセールストークにやられた、というわけではない。Philips HQ88944年前の最上位機種である。カタログをチェックすると、微妙な点で最新機種に劣るが、液晶までついている。「なにもそこまでしなくても」と思うが、確かに値段的には掘り出し物なのだった。で、買った。オジサンは、せっけんはだめ。水でなくお湯で洗え。軽く当てろ。と細々と注意をしてくれる。

後で007うんぬんについてネットで調べてみた。こういうことは確認しないと気が済まない。"Die Another Day"でサーベルのように使われた、とある。なるほど。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »