フォト

My other photos


最近のトラックバック

« 花芥 | トップページ | Deep Blue(『ディープ・ブルー』)の印象(ねたばれあり) »

三島由紀夫の「剣」

久々に文学らしい本を読む。やはり大したものだ。この人の語彙は十万語以上あるんじゃないだろうか。しかも読んで理解するだけでなく、自分の文章の中で使えるのは凄い。年譜を見て(知ってはいたものの)その早熟さに改めて感心する。13歳で広辞林を「読み」とあるが、最初から読んだということだろうか。若い三島を見る機会があれば、相当嫌なマセガキに見えただろう。

しかし、周りが見えなくなる三島の「陶酔の文学」には最後まではついていけない。「剣」にしても終わり方は納得がいかない。そもそも中高生以上に対しては、体罰よりも社会的懲罰の方がはるかに効果的と考える。かといって、村上春樹の「無関心の文学」もいやなのだが。文学では矛盾したメッセージを込めることができるが、問題提起としては複数の解釈が可能になり、あいまいになる危険性もある。それは思想の媒体としての文学の限界だろう。

« 花芥 | トップページ | Deep Blue(『ディープ・ブルー』)の印象(ねたばれあり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92052/9830007

この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫の「剣」:

« 花芥 | トップページ | Deep Blue(『ディープ・ブルー』)の印象(ねたばれあり) »